お盆 盆提灯 意味

お盆の盆提灯の意味

お盆,盆提灯,意味

お盆の季節に欠かせないのが盆提灯だけど、最近の若い人は意味が分からないという人も多いみたい。

 

そもそもお盆の時期には先祖や故人が霊になって戻ってくるといわれていて、家の前で火を焚いて迷わずに帰れるようにしたのが、そもそもの始まり。

 

江戸時代には火を提灯にしたことから、お盆の時期に盆提灯を飾るようになったのだとか。今では電気でオンオフできる盆提灯が一般的になっていて、基本的には夜中はスイッチを切る場合が多いみたいだけど、場所によってはずっとつけっぱなしにしているような地域もあるんだって。

 

ちなみに飾る盆提灯の種類というのも色々あって、場所によっては家紋や戒名などが入っているものを使うところもあったりするから、まずはその地域の風習を知っておいたほうが良いかも。

 

ちなみに初盆の場合には、無地の提灯を使って送り火のときに燃やして供養するようになっているんだけど、最近では廃棄物に関する規制などもあるから注意が必要だよ。

ぶつえいどうで売ってるLED電灯タイプの盆提灯

仏壇・仏具専門店 ぶつえいどう

最近では盆提灯なんかも、お店じゃなくてインターネットで買ってる人が増えているみたいね。私も今回はインターネットで色々探してみたんだけど、なかでもぶつえいどうで見かけたLED電灯タイプの盆提灯がよかったかな。

今まで使っていた盆提灯は普通の電球タイプだったから、電気をつけっぱなしにしていると結構熱くなって危ないかなあと思ってたのでLED電灯だったら安心。

うちの場合は子供も大きいから大丈夫だけど、子供が小さかったりすると火傷とか、うっかり提灯を倒して火事になるかもしれないから、熱くならないタイプはいいかも。

あと地域によっては、盆提灯を一日中付けっぱなしにしないといけないところもあるらしくて、そういうところだとLEDのほうが電気代もお得だよね。


モダン盆提灯や家紋入提灯が豊富なハセガワ仏壇の盆提灯

仏壇 仏具 神棚のハセガワ仏壇

ハセガワ仏壇はテレビ広告でも良く見かける大手メーカーだけど、盆提灯のバリエーションとかもさすがだよね。最近だとネット通販にもかなり力を入れているみたいなんだけど、モダン盆提灯というのが売られていて、それがすごくきれい!

つい盆提灯っていうと、なんだかインテリアとかに合わないイメージがあったんだけど、最近だと現代の家にも合うようなデザインのものが増えてて、すごく置きやすそうなんだ。

地域なんかによっては家紋入提灯とか、戒名が入っている盆提灯じゃないといけないところもあるみたいだけど、そういう伝統的な商品も置いてあるから、色々なニーズに応えてくれるのはさすが!

店舗も多いから実際に見に行けるのも良いよね。


オシャレな盆提灯をお探しなら大黒屋仏壇店で売ってるミニ行灯やモダン行灯を見てみて

大黒屋仏壇店

お盆に使う行灯を探すのに大黒屋仏壇店のサイトを見てみたんだけど、すごく種類が豊富でびっくり!例えば岐阜提灯にしても、色々なサイズとかデザインのものがあるから、家の大きさとか、好みで選べるようになってるのね。

あと個人的に良かったのがミニ行灯で、ついマンション住まいだと行灯の置き場所に困っちゃうんだけど、これだったら気軽に置けていいなあと思ったな。

同じくモダン行灯っていうのも売ってて、これはオシャレなデザインになってるから、若い人の家とかでも置きやすいんじゃないかな。

お盆ていうと、なんとなく古臭いイメージがあるかもしれないけど、こういうミニ行灯とかモダン行灯はこれからどんどん人気になっていくんだろうな。

page top